あなたも大切 わたしも大切 

親業のエッセンスを、少しずつご紹介します

忘れ物が多いワタシ

教室で、落ち込む私。。
昨日はCD。
今日は、ピクチャーカード。
家に置いてきた。。。。。。_| ̄|○
何を隠そう、教室の忘れ物女王はこのワタクシ。
(言い訳になるんだが、なんしか教材の種類が多いんだわ!毎回腕がちぎれそうなくらいの重さの教材を運んでるんです。。。言い訳やな。。。)

思わず、はぁぁーーーーーー_| ̄|○
と深いため息。

そんなとき、
「どうしたん??」
とすぐ気づいてくれるのが子どもたち。
正直に忘れてしもたことを言うと、
「ああ。。。はい(しゃーないな)。」

そんな訳で代替の教材でレッスンは続いていきます。
責められないと、救われた気持ちに。
前向きに、あるやつで精一杯やらせていただきますっ!!
という気持ちになります。


「なぁなぁ、毎日1つは忘れてくるよな?」
「前の日からちゃんと用意しときなよ」
「自覚が足りないんじゃない?」
「勉強に必要なもの忘れるとか、ほんまにヤル気あるん?」
「なんで忘れるん?置く場所が悪いんちゃう?」

って言われるのがフツーです。

これ言われると結構ツライものです。
あなたに言われんでも、わかってます。
「ほな、あんたは、忘れ物、
ぜぇぇったいせんのやな??!!ああ???」
って反発もしたくなります。

子どもたちの日常は、意外とこんな感じじゃないかなぁ。
実は、↑の言葉も実際に子どもたちから言われたんですが、
きっとこの子たちも、そういう風に言われてるのかもしれないですね。
どんな気持ちでいるんでしょうね。

ちなみに、生徒が忘れ物をした時は。。

「せんせい!えんぴつ、わすれた!」
はい!ほいで??

教室に入りたての子は、これだけで半泣きに。っていうか、涙がじわーーー。
人にものを頼むのは、こんなにも勇気が要ることなんですねぇ。

Pencil, please. と借りにくる子。
友だちに借りる子。
ボールペンで書く子。

解決法は子どもそれぞれですw

************************************
親業では
・子どもの気持ちがわかる聞き方

・親の伝えたいことが子どもに伝わる言い方

・対立が起こった時の解決法
をお伝えできます。


説明会実施予定です。しばしお待ちを!!

************************************

『親業訓練入門講座』受講生受付中!

2019年5月26日(日)9:30−16:30

三好市池田町『真鍋屋』にて


親業訓練シニアインストラクターの瀬川文子さんが阿波池田に来られ、

『親業訓練入門講座』を開かれます!

24時間の講座を6時間にぎゅーーっとまとめ、受講料4320円。

めちゃリーズナブルです!

講演会を開くことも考えたのですが話を聞いただけじゃ動けない。

体験し、話し合い、バラエティ飛んだ学習方法で学びます!

だから講演会より『講座』なんです。

親子関係はもちろん、職場、先生と生徒、家族、友だち、孫との関係、

あらゆる人間関係に効きます。

お問い合わせ、お申し込みは

私へのLINE、またはkumoko30@gmail.com

までお気軽にどうぞ!

ココロを育む(*^_^*)親業の語り場@徳島

子どもたちが、心も体も健やかに育つように。 そして、周りのオトナも幸せに☆

0コメント

  • 1000 / 1000