あなたも大切 わたしも大切 

親業のエッセンスを、少しずつご紹介します

成人式の前撮り

息子が来年の1月に成人式を迎えます。

せっかくなので、娘と二人、兄妹の写真を撮りました。

娘には、私が着た振袖を着てもらいました。

この時点で、主役は息子なのに、娘が主役みたいになってしまう・・・(爆)

ごめん、息子よ(笑)


息子は前撮りの1週間前にはこちらに帰ってきていたのですが、

家でずーっといても退屈で仕方がないので、あっちへふらふら、こっちへふらふら。

ずーっと友だちのところを転々としていたようです(たぶん)。

でも、

「今日は市内で泊まる」

「明日の昼に帰る」

などなど、LINEで連絡してくる我が息子。

それだけで、私は安心です。


我が家からは通う高校が遠いので、あらゆる時間の確保のために、

16歳になったら家をでてしまいます(出してしまいます、とも言う)。

きっとこの辺りの子は、高校を卒業したら、地元を離れる子も多いことでしょう。

子どもって、あっという間に手から離れていってしまいます。

親子が一緒にいられる時間って、本当に束の間なんです。


私自身、子どもと一緒にいる時間が少なかったので、

親子でバトルして、泣いたり、苦しんでたり、もがいたり・・・

そういう人や子どもを見ると、

本人は、すごく悩んで、いやでいやでたまらんのかもしれませんが、

とっても羨ましく思います。

だって、それだけ真剣に、体当たりで子育てしている、

親と対峙しているってことですもんね。


でも、やっぱり私は、仲がいい親子でいたいし、

子どもが困った時に、話を聞くことができる親でありたい!

親の考えていることを、ちゃんと子どもに伝えておきたい!

と思います。


「反抗期がない子はあかん」

とよく言われますが、子どもだって、反抗する理由があるから反抗しているんです。

いや待て。反抗期っていつだ?

考えてみれば、生まれてからずっと反抗期ですよね(笑)。

何歳になっても、子どもへの対応って変わらないものなのでは?と思います。


子どもがおうちにいる間にこそ、高校のこと、進学のこと、将来のこと、

親子でいっぱい話すことがありますよね。

もちろん、家から出た後もあります。

特に進学の話なんて、子どもの要望を全部受け入れられるわけがないですし。

(お金の問題が非常に大きいですし!)

でも、家から出てしまうと、話をする時間が圧倒的に減ってしまいます。


なので、おうちにいる間にいっぱい話をしてほしいなぁ。。


我が家はまた、家に子どもがいなくなっちゃったので、さみしい限りです。

というわけで、今日も教室に来る子どもたちをいろべちゃる(かわいがる)ぞー!!

ココロを育む(*^_^*)親業の語り場@徳島

子どもたちが、心も体も健やかに育つように。 そして、周りのオトナも幸せに☆

0コメント

  • 1000 / 1000