あなたも大切 わたしも大切 

親業のエッセンスを、少しずつご紹介します

子育てを見直す

我が家の人間の子どもたちは、家を出てそれぞれ生活しています。
そして、我が家には、
7歳のくろみと、4ヶ月のとらおがいますw

人間と猫はもちろん違います。
でも、同じに見えてくるから不思議です。

先日も、日曜のゆったりしたい朝に大げんか。
先に私にだっこされていたとらお。
あとからくろみが「だっこ、、、」と来ると、すでにとらおが座っています。
ワーワー怒るくろみ。
知らん顔を決め込むとらお。背中を向けて、微動だにしません(苦笑)

こういうの、人間の子どももあったなぁー。

「早い者勝ちよ」
「とらおくんは、まだこまい(小さい)けんなー」
「くろみは来るん、いつも遅いんよ」
「あんたはいつもタイミングが悪いね」
「はよ来んけんよー」
「お姉ちゃんやけん、我慢我慢。」
「えらいねー、泣かんと待てるよねー」
「じゃ、ふたりともママのとこにおいで。」
「お父さんにだっこしてもらいー」
「くろみ、おやつあげよ?こっちおいで」

結構↑のようなこと、言うてしまいませんか?
言うてました、私も。
言われてました。子どもの頃。

親やばーちゃんに言われて、納得できなかったあの頃。
とらおに優しくなんかしてやるものか!
お母さんはとらおの方が大事なんだろ!
こまいけんって、なんでもゆるされるっどういうこと!?

ただ、だっこしてほしいだけなのに、
兄弟姉妹や、お母さんを恨んじゃう、
というような違う問題まで勃発します。

こういう時どうするか。

親業では「問題を持っているのは誰か」を明らかにし、
問題を持っている本人が自分の問題を解決できるよう、親は手助けをしていきます。
その方法があります。

ついつい、子どものことを思って、
親は『解決方法』を言ってあげてしまうもの。。
その解決方法は、子どもが本当に納得できることでしょうか?
そして、子どもの『考えるチャンス』を親が奪っていることになるのです。


さて、この後、にゃんこずはどうなったかというと。。。

とらおはすっと立ち上がり、何事もなかったかのように帰ってきてた娘ちゃんと遊び出し、
そこへくろみがだっこされに来ました。
抱かれても、モーレツに怒ってました。
なかなか怒りは収まりません。
猫でもこんなに怒りがたまっちゃうのに、
人間ならどういうことになるんだ?
と思わざるをえなかった。。。。

****************
親業体験会+お茶会やります!
2月25日(日)14:00-16:00
ECCジュニア池田駅前教室にて

子連れ参加、OKですよー!
参加ご希望の方は、LINE、またはメールで!
kumoko30@gmail.com
****************

Mama Café in みよし 開催します!

次回日程(あくまでも予定)

2019年3月24日(日) 10:00〜12:00

場所は三好市内の美味しいものが食べられるところ(まだ調査中ですがw)

ゆるーい、けど、マジメな、お母さんのためのお茶会です。

申込みは、私の個人的にLINEを知っている方はそちらから、

またLINE@からでも申込みできます。

↓の『友だち追加』ボタンからどうぞ。

ココロを育む(*^_^*)親業の語り場@徳島

子どもたちが、心も体も健やかに育つように。 そして、周りのオトナも幸せに☆

0コメント

  • 1000 / 1000