あなたも大切 わたしも大切 

親業のエッセンスを、少しずつご紹介します

手を出さない 待つ ちょっと助ける

とらおくんです。6ヶ月になりました。

今、引き戸の開け方を研究中です。


ちょっとだけ手助けします。↑のように。

そしたら、猫でも考えるんです。

手の入れ方、顔の入れ方、手の動かし方、爪の使い方。


もちろん、勝手に開けられたら困るのであれば、

にゃーと鳴けば開けてくれる、というように学習すればいいのです。

私はめんどくさがりなので、勝手に開けていってほしい。

(そして、戸を閉めてくれたらサイコー!なんですが 笑)


この時、戸を開けるのが大変そうで、

「はいはい、私が開けちゃるわ!」と私が戸を開けていたら、

とらおくんは、いつまでたっても自分で戸を開けられないでしょう。

だんだん、私も面倒になってきて

「オマエは、私がいちいち開けてやらんかったらできんのかい!」と、とらおくんに罵声を浴びせるようになったら・・・。

親の気分で、機嫌よく開けてあげるときもあれば、

怒りながら開けてやる、または無視する。

そうなると、果たしてとらおくんは、戸の開け方を学ぶでしょうか。

とらおくんは、どんな気持ちになるんでしょうね。

戸を開けるのをあきらめちゃうかもしれませんね。


これ、「戸を開ける」を「宿題をする」「勉強する」に置き換えると、

結構、やっちゃってませんか?


教えるということを職業にしていますが、

懇切丁寧の意味を違えてやってしまうと、結果、全く理解してなかったり、

かえってやる気をうばってしまったり、ということにもなりかねません。

塾や教室だと、丁寧に教えるのが仕事じゃないのか!と考えられるのが普通かもしれませんが、

実際のところは、それだけじゃないんですよね。。。

しばらく自力でやってみたい!という子もかなりの確率でいるものです。

「先生、待って!言わんといて!」

とよく言われますもん(笑)


年齢が小さいと、親の言うことをよく聞いてくれます。
年齢が上がっても、子どもは親が喜ぶなら、満足するなら、と親の言う通りしてくれる子もいます。
が、自我が目覚めると、うまくいかななることも多いでしょう。


大人に管理されて勉強を「させられる」子が、自主的に勉強できるようになるのかな。

自分の力で生きていくことができるようになるんだろうか?

成績は上がるだろうけど、、、ね。


子どもって、みんな、自分で学習していく力を持っています。

学習していくペースは人によって違うし、

何がきっかけで、わー!!と劇的に分かるということも違う。

もちろん、子ども一人一人によって、到達点も違う。

成績も大事だけど、それよりも、自分で自分の人生を歩む力を育むほうが大事。


親も先生も、「待つこと」「見守ること」が必要です。

これって、結構頑張らないとできないものですね。忍耐、というのでしょうか。

子どもは失敗したり、嫌になったりもします。放り出したい気持ちになることもあります。

そんな時に少し援助をするだけで、また子どもは前を向いて、歩いていける。

失敗に終わらせることなく、成功に向けて考え、努力し、

満足感を得ることで、自分の力で生きていくことができるのだと思います。


子どもが失敗しないように、前もって親が準備してあげると、

せっかくの学ぶチャンスを、親が奪っちゃう。

ピンチこそ学べるチャンス。


ちなみにとらおくんは、緊急事態には、戸をさっと開けれるようになりましたw

屋根の上から、部屋に入る時とか。。。

(うちの子は基本外出禁止なのですが、屋根の上だけは許可しているのです)

でも、家の中では「あ、開いてない。。。ま、ええか」と諦める確率高し・・・(爆)

まぁ、それもとらおくんのペースで。


*******************************

親業訓練一般講座 開講します!

2018年4月15日(日)9:30−11:30

2回目以降は、受講生と相談しながら組んでいきます。

第1回目は都合が悪いけど、受けたい!という方も

どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせは、kumoko30@gmail.comまで

また親業訓練協会のウェブサイトからどうぞ!

https://www.oyagyo.or.jp/

*******************************


ココロを育む(*^_^*)親業の語り場@徳島

子どもたちが、心も体も健やかに育つように。 そして、周りのオトナも幸せに☆

0コメント

  • 1000 / 1000