Ayako

記事一覧(44)

最近少しずつわかってきたこと

とらおくんです。1歳4ヶ月になりました。先日のインフルで私と24時間一緒だったからか、(娘からは、「過保護すぎる!育て方が間違ってる!」と言われてますが 苦笑)ここ最近、『問題行動』を起こしておりました。遊びが足りなかったり、私が仕事に行ったりしてしまうと、私の布団の、私の寝ている場所に粗相をするようになっていました。。しかも、大きい方。。。そこで、・トイレの増設(2つ→3つ)・トイレの砂を変えてみる(掘りやすいものに)・布団をたたむ(半分に折るだけですけど・・・)少し環境を変えると、ピタッと治まりました!私がいないこともある元の生活に慣れた、というのもあるでしょう。困った行動をするのは、何かしらの原因があるんでしょうね。そして、「叱る」「諭す」よりも環境を変えるとスムーズにいくことが多いんですよね。実は私の教室も、机と椅子の配置はコロコロ変わります。模様替えが趣味なのではなくて(笑)、どうしたらレッスンに集中できるか、どうしたら私の話を聞いてもらえるのか、どうしたら生徒同士のいらんお話が少なくなるのか、色々実験をしていますw椅子の配置で、子どもの様子って、全然違うものですよ!「叱る」のって、ものすごくエネルギーを消耗するんですよね・・・。しかも、その後レッスンになかなか入っていけない。子どもも私も切り替えがね、、、そんなすぐにできません。子どもたちはどんどん変化しています。長い年月子どもと関わっていると、その変化を痛切に感じます。私が小さい頃に当たり前だったことが、今や当たり前じゃない。社会がどんどん変わっていくように、子どもも変わる。これは止められません。今まで自分がやってきたことがうまくいかなくなっても、そりゃ当たり前よなぁ、、、とつくづく感じます。子どもをコントロールしようとすればするほど、子どもの心は離れていくものですね。大人の言うことを聞かそうとするしつけ、罰、褒める、子育ての方法、下心のある声かけ(笑)、子どもをコントロールしようとすれば、それはたちまち子どもに伝わり、うまくいかない。誰だって、誰かに『管理』されるのはいやですもん!子どもと親、子どもと先生の間に大切なのは、『コミュニケーションの技術』。コミュニケーションに何を乗せて伝えるかは、その人自身。ちょっとした「聞き方」「話し方」の違いで、叱る頻度がぐっと下がります。まじで。というか、叱らなくても良くなる、というのが正しいですね。それと、いろんな子どもがおるけれど、結構、共通してること多いぞ!ってことに最近気付いてきました。子ども、求めてること、共通してる感じ。断言はまだできないけれど・・・。ますます修行あるのみですなーー!!*********************************<ご案内>先生、講師など、子どもに関わるお仕事をされている方向けの『親業訓練一般講座』の開講が決定しております。「講座受けたいけど、生徒の保護者がおると気まずい・・・」というお声を頂いておりました。小さい社会ですもんね・・・。開講日は、3月〜4月上旬の日曜日を中心に、受講希望の方のご都合を聞きながら設定していきます。受講ご希望の方や、受講の前にどんなものか話が聞きたい、と言う方は、お気軽にご連絡ください!連絡先 公門 彩子 kumoko30@gmail.comまたは、下の『LINE友だち追加』ボタンからどうぞー!

石田勝紀氏の講演会に行ってきました

Mama Cafeを始められた石田勝紀さんの講演に行ってきました。口調もサラリとしてて嫌味がなく(笑)、めちゃくちゃ分かりやすかったですwわたくしの、唐突の変なヤクザの話にも乗ってくださったし(なんのこっちゃ!)Mama cafeって、お母さんが元気になれる場所です。個人的には、お母さんだけじゃなくて、女も男も関係なく、安心して喋れる場所、喋って、困ってたことにひとすじの希望みたいなのが見える。そんな場所が作れたらなぁ、と思っています。男と女は考え方が違うとよく言われますが、男と女じゃなくて、ひとりひとりが違うだけなんでしょうね。さて、話はいきなり変わりますが、私が石田さんに惹かれたのはこの日本から勉強嫌いの子を一人残らずなくしたい!ってことなんです。『勉強って意外とおもろいな!』こういう風に思える子が増えたらなぁと願っています。おもろいな、と思えて初めて、学力みたいなものはついていくんじゃないか?学校の勉強だけじゃなくて、子どもたちが、あれ?!これおもろいかも?!ってアンテナがのびるような。。。『勉強』って学校の勉強だけじゃないでしょ?そのために、何ができるか、ということを考えています。親業もmama cafeも、子育てから入っていくんですが、行き着く先は『自分育て』なんですね。。子どもは子どもの人生を。わたしはわたしの人生を。そんなことを一緒に考えられる仲間がいたらな!と思っています!

決めるのは、いつも自分

インフル休講明けは、保育園でのレッスンからスタート。顔や体のパーツをやりました。今日も癒していただきました(笑)写真は、「鬼」。もう、可愛らしすぎて鬼に見えない。「なぁなぁ、鼻は描かないの?」「鼻描いたら、変になってしまう」だそうです(笑)きゃわいいいいい!!もう子どもがそこにおる、それだけで悶えるかわいさ。(怪しすぎるなぁ、わたし・・・)さて。大学受験の娘は、決断をしたようです。私と娘は、性格が全く違います。私は、イケイケドンドン派。石橋なんか叩きませんw叩いたら、橋壊れるかもしれんやん?だったら渡ってまえ!渡ってから考えたらいいやん!というタイプ。それを、娘に押し付けないように、押し付けないように、と思いながらも、ついつい、押し付けてしまう。自分と同じような考え方や、行動をしてくれたら、安心する。これって、親のエゴですね。子どもは私とは違う、1人の人間。大切にしたいことも違います。娘は決断をしながらも、心は揺れています。それでも、前を向いて、歩こうとしております。その揺れ動く気持ちを、私は受け止めることだけしよう。親業では、子どもが何か悩んだり困ったりしているときは、『能動的な聞き方』という手段を使って、話を聞きます。まぁ、みなさん。びっくりするほど『能動的な聞き方』できませんで〜〜〜〜!!自分の子どもだと、まじで、能動的な聞き方って、難しいわ!親としての修行だな、と思います。正直な話、なんぼでもアドバイスできるし、こういう道もあるよ!!こんな方法もあるよ!こういう考え方でいきなよ!となんぼでも提示できるんです。それを一切やらない。それは、ものすごく忍耐力が必要です。もしかしたら、アドバイスした方がいい方向に向くのかもしれない。それでも、やっぱりやらない。もう、娘の中には、結果をちゃんと受け止めて、こうやって、ああやって、自分の夢を実現させていこう!うん、そうしよう!!と確固と決まってると思うのです。それを邪魔しない。はー、泣けてきます。もやもやします。なので、自分の仕事を一生懸命するしかないです(笑)支えるということは、こういうことなんでしょうか。修行ですなぁぁ〜〜〜〜。

センター試験です

(先ほど、センター試験の内容のイラストを出してましたが、削除しました)今日から大学入試センター試験です。私の娘も受験中!そんな私は、ただいまインフルエンザA型にかかっています(ちーん)関係者の皆様にはご迷惑をおかけし申し訳ありません。微熱は1日だけ、今や既に『普通』なんですが、お医者さんに、「火曜日までは教室は休みましょうねー!」と・・・そりゃそうだ!さて。受験生の母が、大事なセンター試験直前に、インフルに罹るという・・・家に、インフルのウィルスがおるんですよ。ありえないですよね・・・。言い訳になりますが、教室でも、子どもたちに手の消毒をさせ、マスクもして、除菌のやつも置いて、家に帰ったらうがい手洗い。やるべきことはやってたんですよ。それでもインフルって、かかる時にはかかるんですね(泣)でも娘から「いける。(インフルに)かかる気せん」とLINEが返ってきてホッ。息子が受験生の時も、いらんことをLINEで送って、後から「今言ったの、取り消し!」と送ったら、「親になんといわれようと、(自分の意思を)変えたことないけんいける」と。子どもって、親が思っている以上にオトナです。私がいらんこと言ったり、やったりしてしまっても、少々のことでは動じない。これ、自分のことは自分で責任をもってやってる、っていうことでもあるのかな。受験生の母は、気をつけていても、子どもにとっては、いらんことも言うし、いらんこともやってしまうものなんです。でも、こういうLINEが来ると、あぁ、この子はちゃんと自分で考えてやってる!って、安心するし、許された気持ちになるものです。親は、支える役割をしながらも、子どもに助けられること多しですね。心にモヤモヤがなくなると、親子共々、それぞれ次のステップへ進めるものです。

Mama Cafe開きました

今日は、Mama Cafeを開きました。結論から言うと・・・めちゃ濃ゆい時間でした!実は諸般の事情で、タイトルのことはあんまり話しなかったんですが(!)親子ともに自己肯定感を高める方法について、あれやこれや話し合いました。私は、『理論』を提供します。『理論』を持っていると、なるほど!と理解できたり、説明できたり、整理できたりします。うまく説明できなくて、申し訳ないのですが、理論を持っておくと、『翻弄されない』気がします。何よりも、私は、三好で徳島で、こんな話ができる仲間がおるんだ!それが一番嬉しかった。人を元気にできるのは、やっぱり人だ。で、そのままランチへなだれこみ、感想を書いていただくの、忘れてました・・・・・やってもーたわーw印象的だった言葉をメモ。・おかあさんが、へたくそながらに「良くなりたい」と一生懸命やってる姿を 子どもはちゃんと見てる。それでいい。それがいい。・自己肯定感は、他人が認めるのが先?自分が認めるのが先?・「理論を知っている」。それだけで全然違う。忘れてた!つけたし!・『親業』ってなんやかんやいうて、最強じゃね?→これは講座を受講していただいてる方から。私もそう思いますwで、、、気づいた。。。日付が2018て、、、、、、年が明けてない、、、(号泣)

今年もよろしくお願いします!

三が日のうちにブログ更新!と思ってたのに、あっという間にお正月休みが過ぎ去ってしまいました!お正月休みには、家族が揃い、ゆっくりと過ごしましたw息子から、ハラマキもいただきましたwありがたいことです!さて、ママカフェも近づいてきました!参加者絶賛募集中ですw本業も忙しいのに、なんでこんなことも、、と言われたりもするのですが、教えることって、ある意味、『究極の人材育成』だなぁ、とつくづく感じます。特に英語は、コミュニケーション。いくら英語の知識があっても、コミュニケーションする力がないと、どうにもならん。その力を育んでいくのも大切な要素です。充実感や幸せは、周りの人たちとのコミュニケーションがうまくいっているか、自分のことを理解してくれる人がいるか、そして、周囲のことを考えながら、自己実現ができているかどうか、こういうことにずいぶん大きく左右されるものです。問題が起きたり、悩んだり、うまくいかない時、誰かからアドバイスをもらっても、私の場合はそうはうまくいかないなぁ、と思うことがありませんか?その解決方法は、人の数だけあります。ひとりひとりの考えや価値観も違うし、判断するポイントも違いますから。コミュニケーションを通して、自分に最適の方法を、自分で見つける。ママカフェでは、そんなヒントをシェアします。

クリスマスですね

世の中、クリスマスですね!!サンタの仕事も大詰めでしょうか(笑)11月の下旬から、私の英語教室では保護者懇談をやっています。英語のことだけでなく、いろんな話をしています。『親子バトル』『反抗期』結構、これ、キーワードのように出てきてます。子どものために!と言うてあげてんのに全然聞かん逆に言い返される言い返されて、カチンと来て言い返す反抗期はなくてはならないものだから今はしゃーない。もうちょっとしたらなくなるだろうこういう風に思ってる方めっちゃいます!それって、しんどくないですか?反抗期って、子どもが勝手に反抗してるだけじゃないですよ。親が『言ってること』が元でそれは受け入れられないぜ!と抵抗してるんですよね。そしてそれは、結構、いや、かなり子供を傷つけているかも。実際、教室では、子どもたちの嘆きを聞いてしまいます。そして懇談で、お母さんもかなり傷ついてる!!!!と感じます。バトルになるとエネルギーを使い果たします。子どもの「勉強しよう」「がんばってやってみよう」そんな前向きなエネルギーを奪い、それに費やす時間も奪っているかもしれません。親だって、同じ。もったいない!!!親として伝えたい思いは、伝え方で、ちゃんと子どもに伝わるものです。そんな伝え方を多くの人に知ってもらいたい!と思います。

保育園で

今日は月に1回の保育所での英語指導でした。指導、と言いながら、実は私にとっては癒しの時間です。今日は、クラフトをしました。子どもたちが一生懸命色を塗って、私はアルミホイルをはさんでラミネーターに。すっかり子どもたちの作品を写真に撮るの、忘れてました・・・いつもやんちゃなボーイズ(笑)が、作品ができてヒマそうにしてたので、マーカーの片付けを手伝ってもらいました。マーカーの種類が違うでしょう。種類ごとに分けて、この箱に入れてくれるかい?「それちがうよ、こっち」「これは こっち」黙々と作業してくれました。小さい子ってねー、集中すると口が「う」の字になるwまたは、よだれが垂れてくるwその姿が、めちゃくちゃかわいくて、私は、もう、見とれていましたよーーー(変な人みたいだ)子どもだって、役に立ちたいんですよね。自分の仕事が与えられると、責任をもってやってくれる。「ありがとう めっっっちゃ助かったよーーーー」この「ありがとう」で、子どもって変わるんですよ。「人に何かをしてもらったら、ありがとうでしょ!!」って言いながら、結構自分の子どもには、「ありがとう」って言ってないこと、多いかもしれません。親業の講座もただいま継続中ですが、実はこんな当たり前のことを、やっていくんです。『話を聞く』『自分のことを話す』『話し合う』それがいかにできてないか、または、端折ってるか、伝わらないやり方で言ってるか。。。当たり前だと思ってたことですが実はものすごく奥深いです。自分で講座を提供しつつ、自分を振り返る日々です。

Mama Cafe in みよし開催します

とりあえず、始めてみよう!ということで、ママカフェ in みよし、開催してみますwお母さんがホッとして、安心して話ができて、楽しい時間・空間になればと思っています。そして、何か持ち帰れるものを!今回は「子どもに愛を伝える方法」自分でタイトルつけておきながら、壮大なタイトルだ。。。と思いますが、実は、ちょっとしたコツで、自分の愛を子どもに伝えることができます。最近、なんだか子どもとうまくいかないなー。。。こんなに子どものことを思っているのに、全然伝わらなくてつらい。そんな時は、伝える方法をちょっと変えてみると、何か変化が訪れるかもしれません。ママカフェ参加条件は以下の3つ。・子どもをぐんぐん伸びる子にしたいと思っている・前向きな考え方を持っている、またはもちたいと思っている・自分の子どもだけではなく、皆でハッピーになっていこうと思っている2019年1月14日(月・祝) 10:00−12:00場所は三好市内で予定しています。お申し込みされた方にご連絡いたしますw定員 6名参加費 1000円参加希望の方は、下記のLINE@からご登録後、参加します!!とメッセージをくださいね!ちなみに、お一人でも開催しますwぜひお気軽にお申込みください。Mama Cafe in みよし&親業のLINE@Mama Cafe情報、親業関連のお知らせ、気になる子育て・教育情報をお知らせしていきます。

Mama Cafe 認定ファシリテーターになりました

もっとざっくばらんに、いろんなことを話できたらいいなー、というわけで、Mama Cafeを開設できるように、ファシリテーターの資格を取りました。世の中にはいろんな資格があるものですw私の基本は、やはり「親業」です。様々な子育てや教育のメソッドが世の中にたくさんあります。そんな方たちと出会って、お話を聞いて、その度に思うのです。やっぱり一番ストンと落ちるのは、この親業だ(笑)こんなにスッキリまとまってて、分かりやすいものはないぞ!ただねー、いろんな方がいろんな見方でいろんなものを見てて。そしたら、『親業』の新たな面が見えてくるんですよね。その刺激は、絶対にあったほうがいい。この資格をとると、いろんな人と繋がって、いろんな人がいろんな発言をしてて、めちゃおもしろいです。お片づけと教育。食事と教育。いろんな教育メソッド。めちゃおもろい。そういうのも共有できるといいなぁ。こんな田舎でも!ね!このMama Cafeは、お母さん同士が愚痴を言い合って、スッキリする会ではありません。私が一方的に、こうしたら?と悩みを解決してあげる会でもありません。悩みや不安、抱えているものを話すことによって(話すだけでもいいんじゃないかと思うほど)、解決方法を探ったり、違う角度から見てみたり、他の方の意見を聞いたりして、おかあさんがイキイキと生きていけるようにサポートできればええなぁ、と思っています。詳しくは、上のMama Cafeのページをご覧ください。また、Mama Cafeを始められた石田勝紀さんのウェブサイトもどうぞご覧くださいませ。

息子もオトナになったもんだ

ハロウィンだったので、ジャコランタンを2つ彫りました。我ながら、うまくできたわーー!大学3年の息子が、とある決断をしたとのこと。親としての意見は夏休みに伝えておりました。でもやっぱり自分の思う道を行くんだよね。そりゃそうだw詳しくはまだ書けませんが、確実に、一歩ずつ、自分の人生を歩みだしております。親としては、決断を出した息子の背中を押すのみ。だって、私の知らない道を、もうすでに歩いていますもの。息子は今まで、自分の希望を叶えてきたほうだと思います。ラッキーだったこともあるし、ものすごく努力してきたのも、私も夫も知っています。ただ、大学に入って色々と考えることがたくさんあったのでしょうね。親が与えられることなんて、たかが知れてるなぁと最近思います。自分がどれだけの人生を歩んできたのか、振り返ってみると、、、どうよ・・・。子どもにエラそうに言えるほど自分ががんばっているのか?っていうと、、、どうなんだろう??子どもや生徒にエラそうなことを言ってしまうこともあるんです。けど言った後で、いつも↑のことを思って、反省、後悔することしきり・・・。ただ、息子も娘も、私も、自由であることに間違いない(笑)(夫はどうかわからんけど・・・)でも、自由って、そんなに楽なことじゃないよ。自由だからといって、好き勝手にすることとも違う。自由だからこそ、真剣に考えるんだよなー、とつくづく思います。

自分なりに

最近の愛読書『暮しの手帖 96 p120 暮らしのヒント集 』から。親業訓練一般講座12回(今回は2時間×12回なのです)のうちの8回目の講座が終わりました。今回は『怒り』について考えてみました。子どもの行動が受け入れられないとき、どうしても『怒り』の感情がわいてきます。私は結構短気なので、すぐにカチンとくる方です(笑)怒って、わーーー!と子どもに言うてしまうことも多々あるのですが、こういう時って、子どもって大人の話、全く聞いてないんですよね。「言うても言うても響かん!」とは、まさにこのこと。。。教室の生徒たちの話を聞いていると「はよ話終わらんかな、ってずっと思いよる」「また始まったわ、、、って思う」「先生、こわい。なんも言えん」「はいはい、わかったわかった。言うた通りにしたらええんだろ」怒りの前に、本当の気持ちがあるんですよね。そこに気づいてないこと多し。その前に感じていることが確かにある。けど、言葉で言い表せられない(泣)あぁ、言葉で表さないかんというのは、なんて不自由なんだ!!今でも、やってもた。。。と落ち込むこともあります。他の人はもっとうまいことやってるんだろうなー。なんでうまくいかんのかなぁ、と思うこともあるけれど、自分は自分。「自分を表現していく」ということは自分自身を振り返る作業でもあります。自分が何を感じ、どう考えているのかを明確化すること。本当に日々『訓練』です。あの人はうまくやってるんだろうな、あの人みたいにうまくいけばいいのに、って思うこともあるかもしれない。でも、自分は自分!自分の目の前のことに取り組み、目の前の人を大切にすること。コツコツとやるっきゃないな。